月の向こう側

ブログのタイトル
『月の向こう側』


大好きなせっちゃんこと斉藤和義さんの曲のタイトルから
取らせていただきました。



『月の向こう側』 作詞・作曲 斉藤和義

天国に行ったのさ 君と二人で
階段をどこまでも昇り続けて白いドアを開けた

君は月の向こう側へいってみようとはしゃいでる
「確かめたいの」

遠ざかる涙の記憶 流れてく 消えていく
Good bye  Good bye

夢を見た 君の夢 空を見上げる
あの日見た将来は今も変わらず同じ色をしてる

僕は夢の向こう側へ行ってみたいと願ってる
「叶うはずだ」
もう少しで届きそうだ クレーターが近づいてる
青い海が見える
君と月の向こう側へ 白い光に包まれて 許されて・・・



せっちゃんの曲としてはめずらしく、ピアノ演奏による曲。
歌詞の解釈は難しいのですが、
なんとも不思議な世界観が好きなのです。

せっちゃんファンの方はご存じの通り、
せっちゃんの曲には月がよく出てきます。
歌詞の最後の「許されて・・・」がせっちゃんの月への想いを
表しているような・・・私にはそんな気がします。


優しい月の明かりは、許してくれそうで、救ってくれそうで。。


最近せっちゃんの曲を聴くことが少なくなっていましたが、
久しぶりにこの曲が聴きたくなりました。


興味ある方、是非聴いてみてくださいね♪
[PR]

by daniel-melody | 2013-03-05 12:51 | 斉藤和義